ダイエットティーが苦手ならダイエットコーヒーという方法もある。

ダイエットティーが苦手な私が選んだダイエットコーヒー『エクササイズコーヒー』の正直な感想です。

コーヒーを何杯も飲んでいるのに痩ませんけど!コーヒーダイエットは効果なし?

今流行りの【コーヒーダイエット】ですが本当に効果が期待できるのでしょうか?

 

f:id:dani-tsuen:20170522093918j:plain

私は1日に7~8杯のコーヒーを飲んでいますが、体重は全く減りません。

それどころかどんどん太っています。(汗)

 

気になったので詳しく調べてみました。

 

【ブラックコーヒーをたくさん飲んでいるのに痩せない】

私は40代後半で身長170㎝ 体重69kgです。30代からお腹の肉がつき始めました。

 

コーヒーは大好きで昔から飲んでいます。初めて飲んだコーヒーはネスカフェ。

小学生の時です。砂糖・クリープ入りの通称『ありあり』です。(笑)

 

20代の頃には缶コーヒーを1日3本以上は飲んでいました。

でも30代になって太ってきたので砂糖・牛乳入り(ありあり)をやめて微糖コーヒーに替えました。

それでも痩せないので40代になってからはブラックコーヒーしか飲んでいません。

 

缶コーヒーは週に1回くらいブラックコーヒーを飲む程度で、自宅では粉コーヒーをペーパーフィルターで落として飲んでいます。

もちろんブラックで!

 

職場ではビル内にあるコンビニでセルフコーヒーをブラックで飲んでいます。

 

でも痩せない…。

 

 【コーヒーをたくさん飲んでも痩せない理由】

ブラックコーヒーを1日にたくさん飲んでいるのに痩せないのは飲み方に理由がありました。以下4つあります。

 

1、熱湯でコーヒーを入れていた。

コーヒーダイエットの最大の目的は脂肪燃焼です。それにはコーヒーのカフェインに含まれるクロロゲン酸とうポリフェノールが働きます。

 

実はクロロゲン酸は熱に弱いらしく熱湯でコーヒーを入れると失われてしまうのです。

 

2、深入り豆のコーヒーを飲んでいた。

先ほど述べましたようにクロロゲン酸は熱に弱いので選ぶコーヒー豆は深入りより浅入りの方が効果は期待できます。

私は深煎り派です。

 

3、運動する30分前に飲んでいない。

クロロゲン酸の効果を発揮させたいなら有酸素運動をする30分前に飲めば脂肪が燃焼されやすい。

私は運動を何もしていません…。

 

4、結局摂取カロリーが大きすぎる。

コーヒーと一緒にキットカットやエクレアなどのお菓子を一緒に食べています。

摂取カロリーが消費カロリーを上回っているのは明らかですね。

 

 これら4つの間違ったを飲み方を改善すればコーヒーダイエットの効果は期待できるのです。

 

 

【コーヒーダイエットのデメリット】

 1、飲み過ぎに注意。

カフェインの1日の摂取量の上限は350ml~500mlと言われています。1杯のコーヒーには約150mlのカフェインが含まれていますから1日3杯程度にしましょう。(適量)

 

コーヒーを適量飲んでいる人はガンや糖尿病になるリスクが低いという報告が出ています。

 

2、睡眠の質の低下。

「コーヒーを飲むと夜眠れなくなる」よく聞く話です。カフェインは睡眠に対しては有害な物質です。熟睡できなくなる可能性もあります。

 

私は毎日爆睡していますけど(笑) たぶんカフェインに慣れてしまっているのでしょう。

 

3、体がカフェインに慣れる。

体がカフェインに慣れてくるとクロロゲン酸の効果が発揮できません。そこで効果が落ちてきたと感じたら1、2週間お休みしてから再開すると良いです。

 

まとめ

コーヒーダイエットの効果を最大限に引き出す方法は以下の通りです。

 

※ブラックコーヒーを1日3杯飲む。飲む場合は食後30分以内や入浴前。そして運動をする30分前が効果的である。

 

一緒にデザートは食べちゃだめよ~ダメダメ!